ターボ交換とメタルブレードへ変更 – トヨタ・アリスト

20200315_アリスト_ターボ交換_ブースト_01

こちらはトヨタ・アリストの純正ターボチャージャーです。
お客様から、ブーストが正常に上がらないので診てほしいと依頼を受けて点検したところ、プライマリータービンのタービンブレードが破損している事がわかりました。
写真で見てもダメージがおわかり頂けるかと思います。

20200315_アリスト_ターボ交換_ブースト_05

今回は純正のリビルドタービンへの交換となりましたが、純正タービンに備わるセラミック製ブレードではまた破損の恐れがあったため、お客様と相談のうえ、レスポンスは若干落ちるものの耐久性の高いメタル製ブレードへ変更する事になりました。

この車両はブーストアップもしていない車検対応の吸排気チューン仕様ですが、セラミックタービンではこのように破損する事が多々あるんですよね。
あとブーストコントローラー取付車でも、シーケンシャルタービンの特性を考慮しない取付をされた車両では、セカンダリータービンにトラブルを抱える事例が多く見受けられます。
車の仕様、特性に合わせた取り付け、セッティングをしっかり行っておけば後々のトラブルを未然に防ぐ事が出来るし、お客様のお財布の負担も減るというものです。

この車はメタルブレードへ変更した事で余裕が生まれたため、今後ブーストアップ仕様を行う際も不安なく実施する事ができますね。

20200315_アリスト_ターボ交換_ブースト_02 20200315_アリスト_ターボ交換_ブースト_03 20200315_アリスト_ターボ交換_ブースト_04

こちらは排気側ポートです。
メタルブレード交換で落ちたレスポンスを少しでも補う為、シーケンシャルタービンの各排気側ポートの拡大・段付き修正を行いました。
鋳物の耐久性も考慮し、過度な切削・研磨を避けつつ加工してあります。

弊社での2JZ純正タービン仕様では定番メニューとなりますが、この加工だけでもレスポンス向上は体感できるほど大きいです。

未だに根強い人気な2JZエンジンのブーストアップ仕様ですが、タービン側へポイントを抑えたチューニングを行うだけでも、長く無理なく楽しめる事ができますよ。

Revolfe S.A.

コメントは受け付けていません。