エンジンチューニングとダンパーOH – 日産・フェアレディZ32

前回に続き、先日までご入庫頂いてた日産・フェアレディZ32の作業詳細です。

20200802_フェアレディZ_Z32_ダンパー_エンジン_整備_オーバーホール_0220200802_フェアレディZ_Z32_ダンパー_エンジン_整備_オーバーホール_05

車検前の各部点検と修理、オーバーホールとエンジンチューニングといった作業を行いました。

20200705_フェアレディZ_Z32_ダンパー_エンジン_整備_オーバーホール_04

前回も書きましたが、まずオーリンズ製車高調をオーバーホール。
これで変わらず、しっかりした足の動きをしてくれます。

20200802_フェアレディZ_Z32_ダンパー_エンジン_整備_オーバーホール_01

エンジンスロットルでは内径の拡大加工を行っています。

20200802_フェアレディZ_Z32_ダンパー_エンジン_整備_オーバーホール_03 20200802_フェアレディZ_Z32_ダンパー_エンジン_整備_オーバーホール_04

サージタンクでは、インテークマニホールド側ポートの段付き修正と加工&研磨も行っています。
またインマニのガスケットを純正の紙材質のものから、Revolfe S.A.オリジナルのメタルガスケットへ交換しました。
これは加給圧抜け対策となります。

Revolfe S.A.

コメントは受け付けていません。