997ターボSのプラグ、イグニッションコイル交換

エンジンレイアウトと駆動方式がRRで、水平対向エンジン搭載のポルシェ911。
そのエンジンのメンテナンスには、その構成上、技を使う場合があります。

20180924_レヴォルフェエスアー_ポルシェ911-997_点火系_コイル_プラグ_1

20180924_レヴォルフェエスアー_ポルシェ911-997_点火系_コイル_プラグ_5

今回、点火プラグとイグニッションコイルの交換をご依頼頂きました。

20180924_レヴォルフェエスアー_ポルシェ911-997_点火系_コイル_プラグ_2 20180924_レヴォルフェエスアー_ポルシェ911-997_点火系_コイル_プラグ_3

いくつかのターボSモデルでは、リヤバンパー、インタークーラー、ターボを外してようやくエンジンに触れる事ができるみたいですが、今回の997ターボSは、ターボは外さなくても大丈夫らしいです。
今回、ターボ自体は外しませんでしたが、車体からターボを降ろさないまま、そのままバラしてエンジン側の作業を進めました。

20180924_レヴォルフェエスアー_ポルシェ911-997_点火系_コイル_プラグ_4

外してみてわかったのですが、イグニッションコイルは社外品が使われていました。
品番が違うので対策品かもです。

Revolfe S.A.

コメントは受け付けていません。