タイヤの空気圧管理でTPMS導入 – レクサスLS460

20201129_タイヤエア管理_ls460_03

レクサスLS460のご入庫です。
今回はタイヤの空気圧を管理するTPMS(Tire Pressure Monitoring System)を取り付けていきます。

20201129_タイヤエア管理_ls460_02

製品はこちらになります。
今や高級車では標準装備されているタイヤ内空気圧・温度のモニタリングシステムですが、その他の車種でも純正装備されている車をちらほら見かけます。
実はアメリカ、ヨーロッパ、韓国では義務化されてたりします。
日本国内もいずれこの方向に向かうかもしれません。

20201129_タイヤエア管理_ls460_01 20201129_タイヤエア管理_ls460_04 20201129_タイヤエア管理_ls460_05

管理ディスプレイの装着後です。
オーナー様との相談でこの位置になりました。
これにタイヤ・ホイールの各エアバルブをTPMS専用の物に変えることで、リアルタイムにエア圧と内部温度の変化をこちらで確認できるようになります。

Revolfe S.A.

コメントは受け付けていません。