チタンマフラーの中間パイプ修理 – トヨタ・アリスト

20210324_アリスト_マフラー修理_0720210324_アリスト_マフラー修理_05 20210324_アリスト_マフラー修理_10 20210324_アリスト_マフラー修理_09 20210324_アリスト_マフラー修理_08

こちら、トヨタ・アリスト(JZS161)用の既製品チタンマフラーの中間パイプです。
各所にクラックが入って排気漏れを起こしていたため、車検前に修理を行いました。

チタンマフラーは、素材が高価という事もあってか比較的薄く作られており、そのため排気の脈動により共振しやすく、このようなクラックは起やすいです。
ですが、ずば抜けて軽いというメリットがあります。
例えばこれなど、両手の人差し指をかけるだけで軽々持ち上げられますしね。

あと、チタンマフラー特有のあの排気音。
お好きな方も多いですよね。

20210324_アリスト_マフラー修理_01 20210324_アリスト_マフラー修理_02 20210324_アリスト_マフラー修理_03 20210324_アリスト_マフラー修理_04

さて、今回のようなクラックに関しては補強を入れながら修理を行えます。
仕上がりは写真の通りです。
いかがですかね?
弊社ではチタンだけでなく、アルミやステンレス素材の溶接も行えます。
こういったトラブルでお悩みの方は、ぜひご相談ください。

Revolfe S.A.

コメントは受け付けていません。