ブラックオルタネーター交換 – トヨタ・アリスト

オルタネータートラブルでトヨタ・アリストが緊急入庫です。
そこで弊社お勧めで、多くのお客様で装着実績を持つブラックオルタネーターへ交換する事になりました。

20210522_トヨタ_アリスト_ブラックオルタネーター_交換_修理_01

お客様からご自宅を出てすぐのところで立ち往生してしまったと連絡があり、お客様の確認と弊社の調査でオルタネータートラブルとわかり、その場でオルタネーター交換となりました。

JZS161アリストですが、ATで電子スロットルが付いていたりと電装系が意外と多く、ノーマルでも充電量がギリギリで、時に足りなくなる場合もあります。
気になる方は、普段から電圧計を見てもらうとわかるかもしれません、

あと2JZ-GTEエンジンの場合、オルタネーターはエキマニ近くにある装着されているため熱にさらされやすく、特にフルタービン車両ではトラブルが出やすいです。

20210522_トヨタ_アリスト_ブラックオルタネーター_交換_修理_02

こちらがアドバンス様のブラックオルタネーターです。
低抵抗、高出力そして、冷却性能もアップグレードしています。
弊社では主に2JZ-GTEエンジンで数多く取り付けてきました。

製品だと赤いアルミ製プーリーが装着されていますが、弊社では2JZ-GTEエンジンとのマッチングを考え、違うプーリーを指定して送って頂いています。

ブラックオルタネーターの取り付けにご興味のある方は、ぜひお問い合わせを。
過去の取り付け実績から、最適な提案をさせて頂きます。

Revolfe S.A. 

コメントは受け付けていません。