ウォータージャケット腐食修理 – 日産・スカイラインGT-R(BNR34)

20210529_GTR_bnr34_RB26DETT_ウォータージャケット_プラグ_修理_02

日産スカイラインGTR(BNR34)のご入庫です。
RB26DETTエンジンのブロック部、ウォータージャケットのあたりからクーラント漏れを起こしていたため、その修理を行いました。

20210529_GTR_bnr34_RB26DETT_ウォータージャケット_プラグ_修理_01 20210529_GTR_bnr34_RB26DETT_ウォータージャケット_プラグ_修理_03

エンジンブロックのウォータージャケット(冷却水路)には製造過程で作られる穴がいくつかあり、そこはプラグ(メクラ蓋)で蓋がされているのですが、それが腐食していた事でクーラントが漏れていました。

漏れた箇所はエキゾースト側だったので、ターボチャージャーを取り外して新品のプラグへ交換しました。

Revolfe S.A.

コメントは受け付けていません。