ECU内部リフレッシュサービス開始のお知らせ

弊社では、ECU(エンジンコントロールユニット)のリフレッシュサービスをスタートさせました。

【ECU内部リフレッシュ】
対象:JZA80、JZS147、JZX100、その他同じ頃の年式のトヨタ車
価格:25,000円から
※価格はECUの状態により変動します。
※トヨタ車以外、もしくはABSやパワーステアリング、その他制御ユニットの劣化も状態により対応できる事があるので、これらもご相談下さい。

20210918_自動車_ECU_修理_01

ECUも永久に使えるものではなく、経年劣化とは無縁でいられません。
特に年代が古い車ほど、内部のコンピュータ基盤の劣化により損傷するリスクが高まります。
使われている電解コンデンサーなどの端子は消耗品なため、例えば寿命近くなると破裂したり、止めてるハンダが傷んで接触不良を起こしたりするなど起こりえます。

弊社では、特にトヨタ車で以下の事象でお困りのお客様も来店されますが、その多くがECU故障に起因していました。
・エンジンアイドル不調
・点火系統や燃料系統の不具合

そのままECU故障を放置しておくと、その他エンジン内部へ様々なトラブルを誘発してしまい、広範囲の修理に迫られる事にもなりかねません。

年代の古い車では新品ECUも廃盤となっている可能性が高く、いざ交換に迫られても物がなく、お手上げになるかもしれません。
今装着されているECUが元気なうちに、コンピュータ基盤の消耗品をリフレッシュする事を強くオススメ致します。

Revolfe S.A.

コメントは受け付けていません。