クーラント(冷却水)漏れ修理 – BMWミニ

20211002_ミニクーパー_クーラント漏れ_修理_02

BMWミニのご入庫です。
クーラント(冷却水)漏れが発生したとの事で、その調査、修理を行いました。

20211002_ミニクーパー_クーラント漏れ_修理_01 20211002_ミニクーパー_クーラント漏れ_修理_03 20211002_ミニクーパー_クーラント漏れ_修理_04 20211002_ミニクーパー_クーラント漏れ_修理_05

まず原因ですが、サーモハウジングにクラックが発生していたのと、ウォーターパイプの損傷によるものでした。
この車は樹脂製の部品が多く使われており、冷却系統は劣化によるクラック等が起こりやすくなっています。
また、ウォーターポンプのプーリーも、表面にクラックが入りやすいですね。

20211002_ミニクーパー_クーラント漏れ_修理_06

まずはクラック発生や損傷個所のホースや部品、その他劣化の目立つホース類を全てへ新品へ交換。

それとついでに、クランクプーリーとウォーターポンプの間に位置するフリクションホイールと呼ばれる部品も交換しました。
エンジンの冷間時、サーモが閉じている間はウォーターポンプを駆動させてもエンジン動力ロスや、暖機に時間を要してしまうので、このフリクションホイールが電気的にクリアランスを広げ、無駄に動力を伝達させないようにしています。

これで漏れも無くなり、フリクションホイールを新品に交換した事で、今後もエンジンから得られた動力を無駄なく効率よく使っていけるようになりましたね。

Revolfe S.A.

コメントは受け付けていません。