バッテリーカットオフスイッチ、イグニッションコイル修理 – ジャガーEタイプ

20211127_ジャガー_eタイプ_イグニッションコイル修理_03

ジャガーEタイプのご入庫です。
バッテリーのカットオフスイッチの取り付けとイグニッションコイルの修理、クーラント漏れとブレーキフルード漏れ修理をご依頼頂きました。

20211127_ジャガー_eタイプ_イグニッションコイル修理_01

バッテリーカットオフスイッチはロンエイカー製です。
これをワンオフ加工で取り付けています。
カチッとした手応えでしっかりした安心感が出てきました。

20211127_ジャガー_eタイプ_イグニッションコイル修理_02

イグニッションコイルですが、元々エンジンの始動性が悪く調査したところ、コイル内部に故障が見つかりました。
また装着されていたコイルは縦置きでエンジンに取り付けられており、エンジン本体の振動に影響を受けてしまいます。
そこで、縦置き可能ながら振動に強いハイバイブレーションタイプのMSD製ブラスターコイルに交換しました。
これにより、見違えるほどエンジンの始動性が良くなりました。

Revolfe S.A.

コメントは受け付けていません。